tamayura*珠響

カテゴリ:自然( 13 )


朝焼けの富士山

c0187754_9273112.jpg


15年前から、いけばなやかな書道で毎月京都に勉強に行っているので
富士山何度見ただろう。。。って眺めることが多いのですが
始発に乗って京都に向かっていたら 朝焼けの富士山があまりにも美しくて
携帯で連写してしまいました。
いつ見ても絶対的な美しさですね。

これから何度眺めるのかわかりませんが、こうして勉強させてもらっている事に
感謝しながら。。。
そして、少しでも多くのことをひとりでも多くの方にお伝えできたらと思います。

by tamayura-okeiko | 2015-03-13 09:35 | 自然

松本のお庭*part2

普段、高層マンションで空中に住んでいるので(笑)地面の気持ちよさが
とってもうれしかったです。またまたお庭でカメラ撮影(^^)
今度はトンボまで撮り始め。。。なんだか女子カメラというより
老人趣味に近づいて来たかも。。。と思ってきました(^^)
でも、自然にふれる時間はやっぱりいいものですね
c0187754_6195241.jpg


by tamayura-okeiko | 2011-07-10 08:00 | 自然

夏椿

c0187754_18242243.jpg
最近、マンションのお庭のお花の写真にこっています(^^)
今回は私の好きな夏椿。
一重の白いお花が好きです。冬に咲く椿とは違った楚々とした美しさがあります。
咲いたまま落ちるのは冬と同じ。潔い美しさですね。

沙羅双樹(しゃらそうじゅ)の別名もあります。
平家物語では世の無常を象徴する花と詠われています。
昔、暗記しましたよね(^^)

”祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。
 沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす。
 驕れる者久しからず、ただ春の夜の夢の如し。
 猛き人もついに滅びぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。”


落ちた夏椿も美しいものです。tamayuraにいらしたら、帰りに是非ご覧くださいね。
 

by tamayura-okeiko | 2011-06-21 10:00 | 自然

紫陽花 * ajisai

紫陽花の花がきれいですね。
鎌倉にでも行きたいのですが。。。そんな時間も取れそうになく。。。002.gif
マンションのお庭で紫陽花を楽しみました。
c0187754_8102715.jpg

紫陽花は外来種のせいか和歌や俳句が他の花より少ないように思います。
少しご紹介させて頂きます。


「安治佐為(あぢさゐ)の 八重咲くごとく
弥つ代にを いませ我が背子(せこ) 見つつ偲ばむ」

                        橘諸兄     万葉集

「紫陽花や 折られて花の 定まらぬ」
                        藤原保吉

「紫陽花や 藪(やぶ)を小庭の 別座敷」
                        松尾芭蕉

「紫陽花の 末一色(すえひといろ)と なりにけり」
                          小林一茶

「紫陽花や はなだにかはる きのふけふ」
                         正岡子規

紫陽花は字面もいいので、この季節のお手紙の書き出しにおすすめです。
・移りゆく 紫陽花に心うばわれる季節となりました。
・雨あがりの紫陽花が美しい頃となりました。
などいかがでしょうか?

今月、来月は暑中見舞いやお中元のお礼状を書く講座が設定されてます。
是非ご参加くださいませ。

by tamayura-okeiko | 2011-06-16 10:00 | 自然

お庭の秋の草花

来週に松本で花展があるので、準備に今週も帰ってきました。
準備もお掃除も終わりお庭でちょっとのんびり・・・
やっぱり土の匂いっていいですね。
外の撮影は習ったことがないので適当に撮ってみましたが・・・
お花はやっぱり可愛いですね。
すっかり、秋です072.gif
c0187754_20452896.jpg


by tamayura-okeiko | 2010-10-17 14:30 | 自然

黄色い花

c0187754_11145349.jpg
すっかり春の暖かな陽ざしになりましたね。
間もなく桜色に包まれる時期を迎えますが、
黄色も春を感じる色ですね。

ミモザの黄色・レンギョウの黄色・ラナンキュラスの
黄色・ウイキョウの黄色・菜の花の黄色・・・
春の黄色はとってキレイです。

お花を買って生けてみるとお部屋が
春で満たされます。
是非飾ってみてくださいね056.gif

by tamayura-okeiko | 2010-03-19 11:30 | 自然

元旦・満月

画像がよくないのですが、今日は元旦で満月なのです。
しかも明け方は月食だったようです。 
なんだか特別な年になるかもしれませんね。

c0187754_180966.jpg

元旦で満月になるのは、30~40年に一回ということですので
貴重な日ですね。ご覧になりましたか?

今日はお天気もよくてずっと遠くまで見渡せて気持ちがよかったので
朝からずっと外を眺めていました(笑)

暇もいいものです(^^)

by tamayura-okeiko | 2010-01-01 17:30 | 自然

彼岸花

今日から 秋のお彼岸ですね

近寄れずあまり上手に撮れませんでしたが、白金台で彼岸花を見つけました

c0187754_7234674.jpg


子供の頃‘あのお花は亡くなった方の生まれ変わりだから摘んではいけませんよ’と言われ

恐る恐る眺めていたのを今でも鮮明に覚えています

子供心に あの炎のように鮮やかな紅の 妖しい美しさに心惹かれたものでした

日本では‘死人花・しびとばな’‘幽霊花’などの異名があり、悲しいイメージですが

曼樹紗華(まんじゅしゃげ)とも呼ばれ、天上の美しい花という捉えかたもあります

韓国では、花だけ先に咲き 花が枯れた後 葉が出るところから

「葉は花を想い、 花は葉を想う」と考えられ

<想思花・そうしか>と呼ばれます

なんだか不思議ですね。

道端に今を盛りと咲いています。妖しい美しさに包まれてみてはいかがですか?(^^)

by tamayura-okeiko | 2009-09-20 07:30 | 自然

お月見

昨日お月見に飾るお花を生けたら今日はちょうど満月だそうです

旧暦8月15日の<仲秋の名月>は今年は10月4日に当たるそうですが

きっと今日もきれいでしょうね



月に関する言葉には素敵な言葉がたくさんあります

<待宵・まつよい>は名月を待ち焦がれる十五夜の前夜を言います

<十六夜・いざよい>は満月の翌日をさし、‘いざよう’は‘ためらう’の意味から

 満月の前なのか、後なのか判断にためらうからということと、

 十五夜より遅い時間にためらいがちに上がってくる月だから

 という二つの意味があるようです。

 続いて十七夜・十八夜・・・・は

<立待月><居待月><寝待月><更待月>と呼ばれます

月の出を立って待ち、座って待ち、寝て待ち、夜更けまで待つ・・・ということですね

昔の人にとって月を眺めることは生活の一部だったようです


私も今日はお部屋から満月を待ってみようと思います

by tamayura-okeiko | 2009-09-05 16:45 | 自然

京都~東京~松本

京都から帰った翌日は 姪の結婚式に出席のため 松本に向かいました

高速の1000円はちょっと感激するものの・・・自分のタフさに びっくりです(^^)

c0187754_9351429.jpg

ヤマボウシの花がきれいでした

ミズキ科なのでハナミズキにも
似ていますが、

白さと花びらの形状がキリっとしていて

好きな花のひとつです


私の中で、街路樹は お花自体 人を意識して咲く気がするのですが

山の花であるヤマボウシは、葉の上に花を乗せるように咲くので

下から見るとお花が見えず、ひっそりと咲いています。

その媚びない美しさが とっても好きです(^^)

桜でいえば ソメイヨシノではなく山桜の美しさという感じです



今日の松本の案内は・・・(^^)         c0187754_9472756.jpg

かえるの街‘ナワテ通り’です

女鳥羽川に沿ったこの通りのシンボルのカエルです

本まで読んで可愛いですよね

通りの中ほどにはカエル大明神が祀られています

c0187754_9514996.jpg





城下町なのでこうした

白壁の建物が町の随所に見られます



いつか松本で特別講座ができたらなぁと思っています

是非遊びにいらしてくださいね

by tamayura-okeiko | 2009-05-25 09:30 | 自然