tamayura*珠響

<   2009年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧


ひなまつりの和菓子

2月の講座は<桃の節句・ひなまつり>をテーマに     c0187754_59228.jpg

彩さんカラーのパステルに包まれた 

春爛漫の講座でした

イメージカラーでハイテンションな彩さんは

珍しく 小走りまでして・・・やる気でした(^^)



今日の和菓子ですc0187754_5102446.jpg








c0187754_5105929.jpg





c0187754_5113274.jpg













 桃のフレーバーティーに             c0187754_519956.jpg    

お節句をイメージしたコーディネートで 

試食しました





ウェルカムフラワーは                     c0187754_5214292.jpg

モカラの鮮やかなオレンジに

黄緑のアンスリウムを合わせました

by tamayura-okeiko | 2009-02-28 05:07 | 和菓子

笠原シェフ料理講座

c0187754_18362773.jpg
賛否両論の笠原将弘シェフ 

待望の第1回講座でした









なんとか(^^)午前の講座も終わり・・・乾杯!

c0187754_18373140.jpg





午後は余裕の(^^)講義で盛り上がり・・・乾杯!
c0187754_18391222.jpg





作っていただいた4品です
    
     ・塩昆布辛子和えとあぶり帆立のいちご酢かけ
     ・鯛と新じゃがのおかき揚げ
     ・菜の花新ごぼうの炊き込みご飯 鶏そぼろかけ
     ・れんこんすりながし汁




c0187754_2183585.jpgc0187754_2113944.jpg








c0187754_2195167.jpgc0187754_21101119.jpg










先生のプロフィールも近々アップされます

次回講座は5月の末の予定です

by tamayura-okeiko | 2009-02-27 18:42 | 料理講座

明日の準備

c0187754_21414691.jpg
明日の笠原先生の料理教室の準備で

今日は 半日キッチンのお掃除でした(^^)

明日とっても楽しみです。

うまく行くといいなぁ。








c0187754_21423714.jpg

玄関のお花は

チューリップ生花一種生けです

お生花はお花そのものより出生を生けるので

<姿>を生けます

花器を大地と考えます










明日のメニューを書いてみました
c0187754_21431552.jpg






テーブルコーディネートです

今の時期は桃かなぁとも思ったのですが、

先生も男性なので、ピンクのイメージよりはシックな方がよいかと

グレーに赤をポイントに効かせたコーディネートにしてみました

いかがでしょうか?



c0187754_21434972.jpgc0187754_21441315.jpg

by tamayura-okeiko | 2009-02-25 21:44 | 料理講座

たまゆら

サロンの名前と同じお豆腐が売っていたので          c0187754_8431557.jpg

なんだかうれしくなって買ってきました

三之助の豆乳入り寄せ豆腐で

とっても美味しかったです





サロンの名前を考えていたときに

なかなか これ・・・というのが見つからなかったのですが

ちょうど手にした<美しい日本語帳>という本の中の

玉響(たまゆら)という言葉の響きの美しさと優しく繊細な意味合いに惹かれ

サロン名に決めました

そして玉響の<玉>に私の名前 珠実の<珠>を当てました




<玉響>という言葉は

現在あまり使われませんが、「かすかな」「あるかないか」「はかない」

といったことをさし、「ほんのしばしの間」「一瞬」「刹那」という意味もあるようです

由来として、翡翠や瑠璃、真珠などの美しい宝玉が触れ合って

かすかな音をたてる様子が もとになっているとされます

昔の人は 宝玉の見た目の美しさとともに

かすかに響く音までも 愛でたのですね

そんな繊細な感性を大事にしたいという思いを込めて選びました


また<草に宿る露>という意味もあるらしく

<植物に宿る露のごとく 美しく輝く女性>という意味もあるようです

ますます tamayura珠響にぴったりですね

内面から輝く そんな女性目指したいですね

頑張りましょう001.gif


c0187754_1014722.jpg
右のロゴデザインは、わかりにくいですが                

<珠響>の<珠>と<響>をデフォルメして

デザインして頂きました

お気づきになっていたでしょうか?

結構・・・お気に入りです053.gif

by tamayura-okeiko | 2009-02-23 08:44 | サロン

枝垂れ梅

毎年楽しみにしている、ご近所の<枝垂れ梅>が素敵に咲きました

c0187754_1384757.jpg



<枝垂れ柳>  <枝垂れ桜> など、枝垂れるものには

優雅な美しさが漂います。日本人好みですね


今年こそ・・・

六義園の枝垂れ桜のライトアップ 見に行きたいです

by tamayura-okeiko | 2009-02-21 01:32 | いけばな

2月のかな書道

今月の俳句は           c0187754_114083.jpg                                 

 春風や地蔵の口の
           ごはん粒   (一茶)


 一茶らしいかわいい俳句でした
  
    情景が浮かんでくるようです


             


                                  c0187754_19171263.jpg
ウェルカム フラワーは
                                  
すっとのびやかなフリージアを主に

生花新風体を生けました

すっきり現代感覚です

この花型は最小限の花材で

研ぎ澄まされた美しさを表現します




午後のベテラングループは、もう余裕の表情でした(^^)

c0187754_19213841.jpg



皆さん 上手になりました。うれしい限りです053.gif

by tamayura-okeiko | 2009-02-20 18:22 | かな書道

水墨画

なんだか若い頃から老人趣味だった私は(笑)

水墨画に自詠の歌や俳句が書で書き添えた作品が書きたいと思っていました

まだ短歌や俳句には手を出していないのですが(^^)

水墨画は5年ほど前から、沈和年先生について習っています。

この世界もやればやるほど奥が深くて・・・

ちょっと今 スランプです008.gif

今回の宿題もなかなかうまくいきませんでした

c0187754_1355985.jpg


お花も書もこうしていくつもの山を乗り越えてここまで来ました

見上げればまだまだ高い山がそびえています

恐れず・・・ゆっくり登って行きたいです001.gif

by tamayura-okeiko | 2009-02-20 01:36 | レッスン

笠原シェフ情報

今月料理講座をしていただく

賛否両論の笠原将弘シェフは、今や和食界のホープと言われ

お店‘賛否両論’は日本一予約の取れないお店だそうです。

そんな大先生が tamayura珠響の講師を 引き受けてくださり

本当に光栄なことです053.gif



現在の笠原シェフ情報をお伝えします


・今日2月18日から2週間伊勢丹キッチンステージ にて賛否両論が
 出店します
 日曜には 予約は終わったようですが、料理セミナーが開催されます


・現在掲載されている雑誌
    「食楽」 3月号

    「週間女性」2月24日号
        買うのがなんだか恥ずかしくて立ち読みしました(笑)


・出演テレビ番組

    フジテレビ 「どーもきになる」
       毎週火曜10時40分ころ

    にじいろジーン
       土曜朝8時から   月1回くらい

・レシピ本    
     待望のレシピ本も撮影が終了し3月中には発売の予定です

     tamayura珠響で、一括してサイン本をお願いいたしましたので
     ご希望の方はメールにてご連絡ください

     ご家族、ご友人の方の追加も(^^)受け付けます

笠原先生の益々のご活躍 お祈りいたします053.gif

頑張りやの先生なので、お体も大事にしていただきたいです

by tamayura-okeiko | 2009-02-18 12:12 | 料理講座

リンク

去年の桜の咲くころ立ち上げた tamayura珠響も

もうすぐ2度目の桜を迎えます



初めてサロンを始めた日の写真です    c0187754_285480.jpg
  
懐かしいなぁ








スタートは4名の生徒さんでした       c0187754_2931100.jpg

原点ですね   






特別な宣伝もなく 会員紹介制という形でしたが

来月には会員数も40名になる予定です

本当に会員の方には感謝の気持ちでいっぱいです053.gif




リンクもスクロールするほど増えてきました

そして今日、tamayura珠響を企画からいっしょにしていただき
 
定期講座の 和菓子を担当している‘山崎彩さん’ と

ようやく(^^) リンクしていただきました‘和菓子のいろどり’

来月にはホームページともリンクの予定です

今年の彼女は・・・やるきです016.gif

みんなで応援したいですね



これからもリンクたくさん増やして

大きな大きなtamayuraネットワークができたらなと考えています

素敵な会員の方々の輝くパワーでお互い刺激し合い

それぞれの世界で はばたいてもらいたいなって思います



なんだか巣立ちを見守る 母鳥の心持ちです001.gif           

by tamayura-okeiko | 2009-02-17 02:03 | サロン

如月

和暦で2月を<如月>といいますが

その名の由来として

春の花が咲き出す季節ながら夜はまだ寒い様子を表して

「衣(きぬ)さらに着る月」という説と

日ごとに更に陽の気がやってくる

「更に来る月」という説があるようです。

「初花月」「梅見月」「小草生月(おぐさおいづき)」「草木張月」などの別名もあります

文字を見ているだけでも春を感じますね056.gif


花暦では 2月の花は 椿とされます

近くのお寺で 素敵な椿を見つけました

c0187754_812265.jpg


木偏に春と書く<椿>は文字通り春を象徴する花のようです

私の中では冬のイメージだったのですが、

冬枯れの庭に咲く早咲きのものから

春爛漫の季節に咲き誇り散るものまでなんと800種類もの椿があるそうです

神事で使われる<榊>もツバキ科ですが

<松>も含めて常緑のものは、霊力が宿るとされ

「永遠の命」を象徴するものとして考えられたようです

改めて 椿を見ていると

なんだか いつもと違った  神聖な気持ちになりました001.gif


<椿>を詠んだ俳句を探してみました

  赤い椿  白い椿と  落ちにけり         河東 碧梧桐
  

  落ちざまに  水こぼしけり  花椿         松尾  芭蕉


 


やはり 潔く散る姿が c0187754_8125896.jpg

美しいとされたようですね

by tamayura-okeiko | 2009-02-16 00:55 | 歳時記