tamayura*珠響

<   2014年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧


松澤萬紀さん<100%好かれる1%の習慣>出版お祝いパーティー

c0187754_222413.jpg


こちらもFBにはすぐにアップしたのですが、ご報告が遅くなりました。
tamayuraがスタートしたころ、礼法講座を3回にわたって素敵な講座を
してくださった松澤萬紀さんが本を出版なさったので、お祝いパーティーを
させて頂きました。
企画してから半年の間に7万部を突破し(そろそろ8万部かもしれません)
各書店ではビジネス書のトップにランクインしていました。
素晴らしいですね。

お食事は撮るひまもなかったのですが、奈々先生のクリスマス料理をコースで
お出ししました。
みなさんの喜んでくださる顔を見ると、お料理の力ってすごいなぁと思います。

萬紀さん、ますますのご活躍をお祈りいたします。
 
c0187754_2224324.jpg


著書は<100%好かれる1%の習慣>
写真上のカードは印刷ではなくすべて手書きで萬紀さんが作り全国の書店回りをして
お願いしたそうです。
注文した本には<感謝をこめて  松澤萬紀>と。
文字の力を感じます。

こうした丁寧な萬紀さんの心遣いも成功のひとつの要因だったことと思います。
10万部もきっと夢ではないのでしょうね。

みなさんも是非お読みくださいませ。

by tamayura-okeiko | 2014-01-31 02:39 | 会員紹介

松本サロンスタート

c0187754_17452678.jpg


2014年tamayura  松本サロンがスタートしました。
東京の白いサロンとはまったく正反対のクラシカルな雰囲気のサロンです。
窓からは連なる山と松本市内、松本城が見えます。

松本の会員の方は東京サロンの講座にももちろん参加できますし、
また東京サロンの方もご旅行をかねて、松本にもいらして頂けたらと思っています。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

by tamayura-okeiko | 2014-01-28 17:51 | サロン

アメリカに旅立ち

c0187754_17272072.jpg


プライベート話題 続きですが。。。
1月6日、息子がアメリカに旅立ちました。
写真は出国審査が終わり、旅立つ前のものです。
この写真はそのまま私の携帯の待ち受け画面へ(笑)
親バカですね。子離れもしなくてはなりませんが、この写真をみて
私も頑張ろう。。。っていう原動力になったらと思っています。

今年は自分自身の勉強もより深くして行きたいと思っていますが
tamayuraも新しいスタートをできたらと思っています。

まずは今月から松本サロンがスタートします。

また、和菓子講座も季節ごとを目標に再開できたらと思っています

そして、しばらく料理講座をお休みしておりましたが、レストラン料理講座を企画いたします。
まずはミシュランにも選ばれ予約のとれない名店<割烹 喜作>で4月か5月に
開催します。
以前の講座もとても好評でした。詳細決定いたしましたら順次ご紹介させて頂きます。

また6月を目標に松本佐和子先生をお迎えして<漢方アロマ>を中心とした特別講座を
開催予定です。現在講座の内容を企画してくださっています。
楽しみになさってくださいませ。

2014年上半期の特別講座はこんなスタートの予定です。
ぜひお出かけくださいませ。

by tamayura-okeiko | 2014-01-28 17:42 | プライベート

娘の成人式

c0187754_17185152.jpg


facebookではご紹介させて頂いたのですがtamayura会員の方はFBをされてない
方が多いので改めてアップさせて頂きます。

13日娘が晴れて成人式を迎えました。
なんとなく感慨無量でした。

写真は成人式のヘアーメイクの手伝いをしているところです。
髪を久しぶりにいじりながら、毎日幼稚園に行くときに髪を結んでリボンを結んでいる時を
思い出しました。

あっという間に大きくなっちゃいましたが、これから素敵な人生歩んでもらいたいです。

by tamayura-okeiko | 2014-01-28 17:24 | プライベート

1月の茶道講座

c0187754_155431.jpg

 
山本先生のご指導のもと2014年の茶道講座がスタートいたしました。
マンション内の和室で講座を開催しております。
今年度は第3火曜日を基本として10時から14時のフリー入退室制といたします。

今月の講座は

     お軸:円相 

     主菓子:玉川屋製の「花びら餅」
     お干菓子:駿河屋製の「初夢」
          九重本舗玉澤製の「霜ばしら(黒糖)」

     お花:水仙、つくばね

     花入れ:鐙に乙女剣山を載せて

来月は都合により19日(水)の開催となります。

by tamayura-okeiko | 2014-01-26 01:12 | 茶道

1月のいけばな

c0187754_046427.jpg


梅の美しい時期なので今月は<梅の生花一種生け>をして頂きました。
<生花>はその出生を生けるとされ、真、副(そえ)体の役枝があり
花器を大地とし、真と副の間に太陽とし、大地からのびゆく姿を一瓶の中に
表現します。

梅の一輪一輪咲く姿は本当に可愛いものです。

来月のいけばなは7日(金)と8日(土)です。

by tamayura-okeiko | 2014-01-26 00:53 | いけばな

c0187754_20515095.jpg


大寒も過ぎこれから寒さは本番を迎えますが、陽ざしはこころなしか
春の兆しを見せ始めています。
私は冷たくキーンとした空気のなか、ほのかな香りとともに咲く
梅の花の高貴さが好きです。

今月は<梅>の一文字と<梅一輪一輪ほどのあたたかさ>という
服部嵐雪の有名な句とともに色紙に書いてみました。
松竹梅のいけばなの隣に飾りました。

by tamayura-okeiko | 2014-01-25 21:05

書のお道具

c0187754_9151136.jpg


毎月 窓際に作った<室礼>のコーナーに季節の室礼をし
いらした方に説明をさせて頂いております。

1月2日は<書き初め>の日でしたので、今年の書の精進を祈って
<書のお道具>を室礼ました。

硯は書を初めて2類目の硯として、昨年購入いたしました。
墨色にずいぶん迷っていたので、新しい硯を購入したいと何年か探していました。
ようやく石も形も好みな硯に出会いうれしいです。
これから長い年月を共にすることとなると思います。
蓮の葉の文様も形もとても気に入っています。

水滴(すいてき)と墨床(ぼくしょう)は義父の古美術のコレクションの中から
プレゼントして頂きました。
とても気に入っています。

いい作品がどうぞ書けますように。。。

by tamayura-okeiko | 2014-01-25 09:24 | かな書道

脳といけばなの関係

c0187754_428243.jpg


昨年、脳科学者の茂木健一郎さんが<脳といけばなの関係>について発表されました。
それによりますと、いけばなはとても脳によいそうです。
脳的に分析すると
  ・前頭葉(運動)→こまやかに手先を使う
  ・頭頂葉(空間感覚)→どのように生けるか空間構成を考え計画する
  ・後頭葉(視覚)→花をきれいだと感じ、注意深く見る。
という形で、お花を生ける時に脳は働いているそうです。

花材や配置を選択し、決断するいけばなは「決断の連続」。
五感を使い、全身で感じるいけばなは、脳の活動範囲が広いので、
とてもいい脳の活動になるようです。

また茂木先生はこのようなことを語られていました

    「いけばなをしている人とそうでない人では、人生の向き合い方が
     変わってくるというか。凛として、自分の中心を外さずに、難しい
     ことにもちゃんと向き合っていける。
     そういう心構えが、いけばなをきちんと生けているとできていくのでは
     ないかと思う。
     いけばなは花のことであり、しかし花に終わらない。
     人生すべてに繋がると思う。」

    「自分がやっていることが、ひとつひとつ意味を持ち、実を結び、そして自分を
     変えていってくれるということを実感できるということ、本当に長い伝統、
     先人の知恵に自分がつながっているということを実感できる、珍しい機会を
     与えてくれる。我々は現代の中で、コンピューターやスマートフォンとかで
     そういう便利な道具に囲まれて生きているのですけれど、そんな中でふと
     「自分はどこにいくのかな?」って不安に感んじた時に、数百年続いた
     非常に先人の知恵のつまった(いけばな)というひとつの道に自分が
     向き合うことで、癒されるというかバランスがとれるんだとおもいます。
      人間としての。
     それが心を整えることになるし、アンチエイジングになるし、健康になる
     ことだと思います。」


 書にも共通した部分を感じます。
 オリンピック開催が決まり、日本文化が見直されている今、一人でも多くの方が
 こうした文化を体験していただけたらと切に願います。

by tamayura-okeiko | 2014-01-25 05:03 | いけばな

お正月のいけばな

c0187754_271861.jpg


毎年年末28日前後にお正月のいけばなの指導をしています。
12月だけにいらっしゃる方もいらっしゃいます。
やはりお正月にはいけばなが似合いますね。
神聖な気持ちになるものです。

<松竹梅>

 池坊生花の中でも免許に記してある生花を<伝花>と言われます。
 <伝花>には「生花五ヶ条」と「七種伝」があります。
 「生花五ヶ条」には松竹梅、桜、紅葉、三ヶ船。実物、葉物、蔓物があり
 <松竹梅>はその筆頭とされ、格調の高い花です。
 毎年生けるのは竹を真とした<松竹梅>です。
 
<万年青>

 <万年青>は<伝花>の「七種伝」のひとつです
 「七種伝」には、芭蕉、蓮、水仙、万年青、椿一輪生け、牡丹、朝顔があります。
  万年青は古葉と新葉を合わせて偶数の葉を用い、実を合わせて奇数とします。
  常緑であることから祝儀の花とされます。

<水仙>

  <水仙>は<伝花>の「七種伝」のひとつです。
  水仙の花は和合の中に生じ、葉は向き合って通例四枚が一株となっています。
  右ねじれに一回ほどねじれてるのが特徴。
  根元には白根(袴とも呼ぶ)があり。この白根を利用し、葉の長短をつけ
  花律を整えます。

<南天・松>

  お正月の花材としてポピュラーな南天と松に赤い水引を添えてテーブルの
  お花としました。
  朱の三枚の敷き板をひいただけですが、ぐっとお正月ムードになりました。
  <南天>は難を転ずるという意味から、<松>は常緑であることから
  お正月のお花には適しています。

 

by tamayura-okeiko | 2014-01-22 02:09 | いけばな