tamayura*珠響

4月のかな書道

1年で一番美しい季節の桜の季節も桜吹雪とともに終わりを告げ
新緑の季節に移り変わろうとしていますね。

今月のかな書道では そんな季節にぴったりの和歌や俳句を書いて頂きました。

2年目以降の方には和歌と小色紙、1年目の方には俳句と小色紙を仕上げて頂きました。
本当に皆さんめきめき上手になり、うれしい限りです。

c0187754_6353747.jpg
和歌は今年は百人一首をテーマにしています。

百人一首2番の有名な和歌

 春過ぎて夏来にけらし白妙の
   衣干すてふ  天の香具山

           (侍統天皇)


私は香具山を見たことはありませんが
眼前にその美しい風景が見えるようですね。
初夏の薫風さえ感じるような気がします。




c0187754_642025.jpg
俳句は夏目漱石の句

  風にのって  軽く
        のしゆく   燕かな
            (夏目漱石)


燕が風にのって飛び始める姿も
最近はなかなか目にすることもありませんが
こうして俳句を書いて、本来の季節を
感じることもとても素敵なことです。

日本の文化は季節を細やかに感じることが
基本な気がします。
私も燕が見たいなぁって思いました(^^)


c0187754_6484667.jpg
小色紙には、ちょっと季節が遅いかもしれませんが
素敵な句ですので、桜の句を選びました。

   夜桜の  一枝長き
        水の上

            (素十)


桜の季節にこの俳句をハガキに書いて
送っても素敵だと思います。

昼のはんなりした桜も好きですが
夜の妖艶な桜も本当に素敵ですよね。
また来年が待ち遠しいですね。


今年からなるべく小人数で指導したいと日程を増やしたのですが、受講者が増えたり
午前受講希望が多いことから、満席になってしまうこともあります。
変更できる日程がある方や、小人数希望の方は是非事前にお申し出くださいませ。

by tamayura-okeiko | 2010-04-14 10:00 | かな書道
<< 二人目の男性会員(^^)手嶋くん <重よし>のお弁当 >>