tamayura*珠響

7月のかな書道

7月のかな書道はこんな作品を書きました
7月のかな書道_c0187754_18251630.jpg
今月の小色紙は
夏木立 ふるさと近く なりにけり
(正岡子規)




7月のかな書道_c0187754_18261420.jpg
今月の俳句は
夏かけて 名月暑き  涼みかな   
(芭蕉)


暑い毎日なので言葉だけでも涼やかさを
感じたいものです。
初参加の方もとても上手に仕上げて
いらっしゃいました。
7月のかな書道_c0187754_18271290.jpg






今月の和歌は
筑波嶺(つくばね)の峰より落つる
男女川(みなのがわ)恋(こひ)ぞ
つもりて淵となりぬる

(陽成院)
百人一首13番(後撰集)

歌意は

筑波の峰から激しく流れ落ちてくる男女川が
しだいに水量を増して深い淵となるように
私の恋心も積もり積もって淵のように深く
なってしまった。







最初は<いろは>からのテキストで
スタートし作品を書き上げます。


是非、季節の俳句や百人一首の和歌を
書きにいらしてくださいませ。

大字のクラスもスタートいたしました。

by tamayura-okeiko | 2012-08-03 18:24 | かな書道
<< 8月の茶道講座 池坊自由花研究室 >>