tamayura*珠響

<月>の一文字に心をこめて

<月>の一文字に心をこめて_c0187754_11485626.jpg


今月のかな書道では新しい試みとして<月>の一文字に想いをこめて
自分なりの作品を作るということをしてみました。
私の作品を3点<お月見の室礼>として窓辺に飾ってみました。
この正面から月が上がります。

秋から冬にかけての月は透明感があって美しいですね。
月をながめているとなんだか万葉人に近づいた気になるから不思議です。
毎日月を見上げて暮らすなんて、今は考えられないですね。
でも時間に余裕を持つことって大事なことだと最近改めて思います。

by tamayura-okeiko | 2013-09-30 11:59 | かな書道
<< 県華道長野花展出品 お月見の室礼 >>